2007東京国際音楽祭(東京国際フォーラム) Music Kiosk~ ミュージック・キオスク ~

2007 東京国際音楽祭 (東京国際フォーラム)

西欧で20世紀初頭に大流行した「ミュージック キオスク」をガゼボの歴史における発展のかたちの一つとして再現に取り組みました。

当時の西欧はベル・エポックの時代と呼ばれており、街の公園や、センターにはこのようなミュージック キオスクが次々と現れ、そこで人々は熱狂して舞踏や音楽を演じたそうです。

当社は、ガーデンを楽しむための実用性と、ガーデンの構成要素としての優れたオーナメント性を兼ね備えた「ガゼボ」に着目し、金属製、木製等、各種のデザインの製品を開発し提供してきました。

皆様もご覧になればおそらく「ああ、これか」と記憶の中ではご存知の筈です。日本においてもこの楽しいベル・エポック時代の再来を期待しています。この製品は 高さ5.3m 直径4.5mです。各種のデザインとサイズをオーダーにより提案します。

ちなみに、ミュージック キオスクのキオスクはJRの売店のことではなく、元々は、トルコの街路ショップの名称のことです。

music01.jpg
music02.jpg music03.jpg music04.jpg